キャバクラで働こうかな。
と思っている方は、
時給ってどれくらいもらえるの?
時給が上がる基準てなに?
色々引かれることがあるって聞いたけど本当?

と疑問をお持ちかもしれません。

キャバクラの平均時給は、2500円~4000円だと言われています。
ただ、これはあくまでもベースの時給。
成績が良いとこれにプラスアルファが上乗せされます。
また反対に、指名してくれるお客さんを作れなかったり、売り上げを立てられなかったらもっと低い時給にされてしまうこともあるんです。

ここでは、ベースの時給がどんな風に決まるのかや、できるだけ高時給で働く方法をご紹介します。

ぜひ最後までお付き合いくださいね♡

時給の決まり方は3種類

時給の平均が2500円~4000円だというのは、先ほどお伝えした通り。

ただ、キャバクラの時給の決まり方には3種類あり、お店によってどの方法を採用しているかは違います。
詳しくご紹介しますね。

  • 売り上げ制
    自分がついたお客様が支払った金額の○パーセントが自分のお給料になるシステム。
    指名が取れなくても、その時その時のお客様を喜ばすことができればけっこうもらえます◎
  • ポイント制
    指名の数や同伴・アフター(お店の外で会うこと)、ボトルが入った(注文された)本数などをすべてポイント化し、その合計数に応じて時給が決まるシステム。
  • 指名本数制
    決められた期間内(1か月が多い)に獲れた指名の本数に応じて時給が決まるシステム。



このように、一口にキャバクラといっても時給の決まり方はさまざま。
自分に合っている制度を導入しているお店を選べば、効率よく稼ぐことができますよ。


いまご紹介したシステムに基づいて、ベースの時給が決まるというわけです。
そして、ここから成績に応じてプラスされたり、経費が引かれたりします。

その内容を、詳しくご説明しますね。

ベースのお給料にプラスされるもの

  • 指名バック
  • 同伴バック
  • ボトルバック

など
インセンティブ、という言い方もできますね。
指名・同伴・ボトルが入った回数に応じて、別途お給料が支払われます。
指名・同伴・ボトルのなかから、自分が得意なものに狙いをさだめて回数を重ねていくのも賢い方法です!

ベースのお給料から引かれるもの

  • ドレスレンタル代
  • ヘアメイク代
  • 雑費

など
ドレスレンタル代とヘアメイク代は、セルフでできるなら不要、というお店も多いです。
雑費は管理費のようなもので、お店においているヘアスプレー代などに使われます。
このほか、お店によっては女の子を送迎するかわりに代金を引くところも。

「ベースのお給料から引かれるもの」とその額は、しっかり確認しましょう!
でも…面接のときにお店のスタッフにそこまでガツガツきくのは難しいですよね。

女の子へのフォローが充実しているキャバクラ専門の求人サイトを通してお店に入れば、女の子の代わりにスタッフが時給の交渉や給与システムの確認をしてくれるのでおすすめ。
自分はなにもしなくても、しっかりお給料をもらえますよ♡

できるだけ高時給で働くにはキャバクラ専門求人サイトを利用するのが◎

できるだけ高時給で働くにはキャバクラ専門求人サイトを利用するのが◎
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。
キャバクラの平均時給や時給の決まり方などについて、ご紹介させていただきました。

キャバクラで働くのは、稼ぐため!
という方も多いと思います。
だったら、できるだけ高時給で働きたいですよね♡

でも、
もっと時給を上げてほしいなあ
これだけボトル開けてもらってるのに昇給しないのはなんで?
マイナスされた理由に納得がいかない!

ということを自分から言い出すのはなかなか難しいもの。

それに、言えたとしても聞いてくれるのかな…
と思うと不安ですよね。

そんな時に強い味方になってくれるのが、先ほど少し登場したキャバクラ専門の求人サイト。
女の子に代わって時給交渉をしたり、お店と話し合いをしてくれるスタッフがいるので、頼りになるんです♡

以下から、おすすめのキャバクラ専門求人サイトランキングをご覧いただけます。
しっかり時給がもらえる、安心して働けるお店を見つけるために、いちどチェックしてみてくださいね♡

姫ワーク編集部の編集長。
今までにキャバクラ・スナック・ガールズバー・ギャラ飲みなど、複数のガールズバイトを経験。
美容部員や事務職を経て、現在姫ワークのライター件、編集長として活動中です!
可愛い女の子が大好き。