キャバクラってどんな仕事?働く女性のタイプは?報酬はいくら?基本情報まとめ

「キャバクラって、具体的にどんなお仕事なの?」
「どういう女性がキャバクラで働いているんだろう」
「高収入って聞くけど、どれくらい稼げるのかなぁ」

キャバクラに興味のある女性は、こんな疑問をお持ちかもしれません。


豪華なドレスやきらびやかなシャンパンタワー、数百万円単位のお給料など…。
漠然としたイメージはあるものの、キャバクラの実態ってイマイチわかりませんよね。


そこで当カテゴリーでは、キャバクラに関する情報をまとめてみました!

気になる仕事内容や働く女性のタイプ、報酬や注意点などを解説します。
この記事を読めば、キャバクラで働く前に知っておきたい基本情報がわかりますよ。

キャバクラ働こうか迷っている女性は、ぜひ最後までお付き合いくださいね。


キャバクラとは?お客様の隣に座って心地いい空間と時間を提供

キャバクラとは?お客様の隣に座って心地いい空間と時間を提供

キャバクラとは、お客様の隣に女性が座って接待するお店のこと。
働く女性は、「キャバ嬢」「キャスト」「フロアレディー」などと呼ばれます。


お客様のお酒を作ったり、会話を盛り上げたり、タバコに火をつけたり…。
こんな風に、心地いい空間と時間を提供するのがキャバ嬢のお仕事です。

一般的な飲食店と違って、華やかな見た目や細かい気配りを求められます。
また男性から指名をとるため、メールやSNSを使った営業活動も必要ですよ。

キャバクラで働いているのはどんな女性?年齢層・職業・性格

キャバクラで働いているのはどんな女性?年齢層・職業・性格

平均年齢20歳~25歳!20代の女性がメインで働くお仕事

キャバクラで働く女性の平均年齢は20歳~25歳
18~29歳の女性が半数を占めていて、残りの2~3割が30歳以上です。


18歳から働けるキャバクラですが、年齢の上限はありません

キャバクラではルックスを重視されるので、若々しく見えれば何歳でもOK!
また、30代以上の女性が主役の「姉キャバ」「熟女キャバクラ」も存在します。

40歳のキャバ嬢もいますし、働く意志さえあればお仕事を続けられますよ。


ただ一般的には、30歳を節目として引退する女性がほとんど。
クラブやラウンジに移ったり、結婚・出産したり、昼職に転職・起業したり…。

次のステップに進む30代女性が多いので、キャバクラのメインは20代なんですね。

専業:掛け持ち=6:4!キャバクラは副業バイトとしても大人気

キャバクラ割合グラフ

キャバクラを本職として働いている女性は約6割。
実は残りの4割は、昼間のお仕事と掛け持ちしている女性なんです。

副業キャバ嬢に多いのは、夜の時間の融通がききやすい女子大生やOLさん
他にも、販売員や営業、看護師、保育士など、さまざまな職種の女性が働いています。

売れっ子キャバ嬢は努力家?副業キャバ嬢はおおらか?性格のタイプとは

キャバクラで働く女の子は、一人ひとり性格が違います。
ですが、キャバ嬢のタイプによって共通点があるのも事実。


たとえば売れっ子キャバ嬢は、努力家で負けず嫌いな女性が多いです。

こまめに営業メールしたり、美容に手を抜かなかったり、トーク力を磨いたり…。
男性から指名をとるために、コツコツ頑張れる女性がトップに昇りつめます。


また、派遣やWワークで働いているキャバ嬢は、器用でおおらかな性格
細かいことをあまり気にせず、マイペースにお仕事する女性が多い印象です。

どんな性格でも、自分の武器を磨いて稼いでいるキャバ嬢ばかりですよ。

キャバクラの種類を解説!自分に合う勤務時間・スタイルで働こう

キャバクラの種類を解説!自分に合う勤務時間・スタイルで働こう

一口にキャバクラと言っても、働き方に応じて種類がわかれます

勤務時間や仕事内容、客層などが違うので、それぞれ確認しておきましょう。

キャバクラ在籍:人気キャバ嬢になれば月収100万円以上も可能

働き方特定のお店に入店・出勤
労働時間夜20時~深夜1時ごろまでお仕事
出勤日数シフト制。採用時に契約した日数は必ず出勤
仕事内容売上ノルマがあるため、常に指名を意識しながら接客
フリー客に自分を売り込む・指名客をキープするなど営業が必要
客層20代~70代まで幅広い年齢層・職業の男性が来店

キャバクラ在籍とは、いわゆる一般的なキャバクラのお仕事。
特定の店舗に籍を置き、シフトで決められた日数・時間に出勤します。

店舗ごとに売上・指名などのノルマがあり、数字を意識しながら接客
フリー客に自分をアピールしたり指名客に連絡したり、営業活動が必要です。


成績を上げれば、お給料がアップして大きく稼げるのが在籍のメリット。
人気キャバ嬢になって月100万円稼ぐ!なんてガッツのある女性に向いています。

キャバクラ派遣:ノルマ・営業・シフト強制なしで気楽にキャバ嬢デビュー

働き方特定の店舗に在籍せず、女の子が足りないお店へ1日単位で出勤
労働時間夜20時~深夜1時ごろ。希望すれば終電で帰宅できるお店が多い
出勤日数シフトなし。自分の都合にあわせて自由に出勤
仕事内容在籍キャストが席を外している間を繋ぐ『ヘルプ』として接客
指名・売上ノルマがないため、営業活動も必要ありません
客層20代~70代まで幅広い年齢層・職業の男性が来店

キャバクラ派遣は、女の子が足りないお店へ1日単位で出勤するお仕事
特定の店舗に在籍しないため、シフトやノルマの強制が一切ありません


指名が重なってしまったキャバ嬢の代わりに、お客様の相手をしたり…。
在籍キャストと一緒に席に着いて、場の雰囲気や会話を盛り上げたり…。

『ヘルプ』として働くので、在籍より気楽にお仕事できるのがメリット
ノルマや営業のストレスなくキャバクラで働きたい!なんて女性にピッタリです。

朝キャバ・昼キャバ:朝~昼の時間帯にゆったり落ち着いてお仕事

働き方特定のお店に入店・出勤
労働時間朝4時~17時の時間帯にお仕事
出勤日数シフト制。夜キャバクラよりも融通が利きやすい
仕事内容泥酔・騒ぐお客様が少なく、キャバクラより落ち着いた接客
ノルマの厳しくないお店が多いため、ゆったりと働ける
客層朝方はホストやボーイ、バーテンダーなど同業者が多め
お昼が近づくと、地元の年配男性や高齢者、観光客が増えてくる

朝キャバ・昼キャバとは、朝・昼の時間帯に営業するキャバクラのこと。
朝キャバは4時~12時ごろ、昼キャバは10時~17時ごろまで開店しています。


夜キャバクラと比べて、シフト強制やノルマの厳しくないお店が多いです。
また同業者や年配のお客様中心で、面倒な接客が少ないのもメリットですね。

シングルマザーや主婦など、夜の時間帯に働きにくい女性に人気のお仕事です。

オンラインキャバクラ:画面越しかつ自宅で接客できる新しいキャバサービス

働き方サイトに応募・登録後、自宅のPCやスマホからログイン
労働時間登録元によって違う。24時間営業、夜だけなどさまざま
出勤日数シフト自由のサイトがほとんど
仕事内容PCやスマホの画面越しにお客様を接待
指名が入るとお給料が上がるため、ある程度の営業は必要
客層オンラインのため、日本全国の男性が利用
元々通っていた男性だけでなく、キャバクラ未経験の男性も多い

オンラインキャバクラは、コロナ禍の影響で誕生した新しいサービス
スマートフォンやパソコンの画面越しに、男性客を接待するお仕事です。


基本的にシフト強制やノルマがない上に、自宅にいながら働けるのが魅力。
さらにオンラインのため、日本全国の男性が顧客ターゲットとなります。

コロナで店舗が休業したり、出勤を控えたりしている女性が働いていますよ。

キャバクラの時給相場を比較!安定して高時給なのはキャバクラ派遣

キャバクラの時給相場を比較!安定して高時給なのはキャバクラ派遣

 キャバクラ在籍キャバクラ派遣朝・昼キャバオンラインキャバ
時給相場2,000~5,000円3,000円~2,000円~2,000円~
支払い方法基本月払い全額日払い基本月払い日払い・週払い

こちらは、キャバクラの時給相場と支払い方法を一覧にまとめた表です。


時給の最高金額が高いのは、キャバクラ在籍。
上限がないため、指名やバックをとって売上を上げるほど稼げます

ただ、未経験だったり人気がなかったりして売上が低いと時給2,000円程度
成績に応じてお給料が変動するので、収入が不安定なのが気になりますね。


対してキャバクラ派遣は、経験にかかわらず時給3,000円は稼げます。
繁忙期には人手を集めるために、時給が5,000円近くにアップすることも。

また他の職種と違って、お給料が全額日払いなのもうれしいポイントです。


朝・昼キャバとオンラインキャバクラの時給相場は、どちらも2,000円ほど
夜の時間に対面で働くキャバクラと比べると、どうしても時給が下がります。

支払い方法はオンキャバの方が自由度が高く、日払い・週払いも可能ですよ。

キャバクラで働くなら派遣がオススメ!働きやすいのに高時給だと大人気

キャバクラで働くなら派遣がオススメ!働きやすいのに高時給だと大人気

キャバクラ在籍、キャバクラ派遣、朝・昼キャバ、オンラインキャバクラ…。
さまざまな働き方がありますが、もっともオススメなのはキャバクラ派遣!


キャバクラ派遣は、ネックになりがちなノルマ・営業活動がありません
さらにシフト強制もないので、スケジュールに合わせてムリなく働けます。

在籍より気楽にお仕事できるのに、平均時給は3,000円と高時給
最低保証時間のあるお店が多いので、安定して稼げるのもうれしいですね。


またキャバクラ派遣では、キャバクラ以外のナイトワークも選択できます。
朝・昼キャバはもちろん、ガールズバーやスナック、クラブなどのお仕事も。

しかも、気に入ったお店があれば、在籍できないか交渉もできるんですよ。


「ノルマや営業に縛られたくない」「自分に合うお店を見極めたい」
こんな思いをもつ女の子を中心に、キャバクラ派遣の人気が高まっています。

キャバクラの求人はどう探すの?3つの方法をご紹介

キャバクラの求人はどう探すの?3つの方法をご紹介

キャバクラで働くためには、キャスト募集の求人を探さなければなりません。

キャバクラ求人を探す代表的な3つの方法をご紹介します。

ナイトワーク求人サイトから応募

一つ目は、ナイトワーク専門の求人サイトを利用すること。

体入ドットコムや体入ショコラ、ポケパラ体入など…。
ネットで「キャバクラ 求人」と検索すると、求人サイトが多数表示されます。


働きたいエリアや時給などで求人を絞り込み、そのまま応募すればOK!
条件に合うお店を探しやすいですし、手軽に求人を探せるのが◎ですね。

ただ掲載されている求人情報だけでは、お店の雰囲気まで判断できません
自分にとって働きやすいお店かどうか見極めるのは、ちょっと難しいですよ。

ナイトワーク専門の派遣会社に登録

ナイトワーク専門の派遣会社に登録するのも、求人を探す方法のひとつ。

登録すると、専用ページで募集中のキャバクラ求人を確認できます。
1日単位のお仕事が基本のため、特定の店舗に在籍することはありません。


そのぶん気楽に応募できますし、もし合わないお店でも1回きりなので安心。
反対に、気に入ったお店があれば、交渉次第で専属になることも可能です。

ナイトワーク派遣会社で利用するなら、キャバクラ紹介のTRY18がオススメ
関東最大級の老舗サービスで信頼できますし、豊富な求人が揃っていますよ。

キャバクラ店舗に直接連絡

気になるキャバクラ店があるなら、直接店舗に連絡するのもアリ
またナイトワーク関係の友達や知人から、紹介してもらう方法もあります。

どちらにしても、まずは店舗のホームページを確認するのがベター。
求人情報を確認した上で、電話やメールで店舗に問い合わせましょう。


ただ一般的には、最初から働きたいお店がある女の子は珍しいですね。
とくに未経験の場合は、色々な店舗を比較して決める方が安心です。

キャバクラの体験入店・本入店って一体何?概要と違いを解説

キャバクラの体験入店・本入店って一体何?概要と違いを解説

キャバクラ求人を探していると見かける『体験入店』『本入店』の言葉。
どんな意味なのかなぁ…?なんて疑問に感じている方もいるかもしれません。

続いては、体験入店と本入店の違いをご紹介します。

体験入店(体入):気になるお店に1日だけお試し入店

働こうか迷っているキャバクラ店で、1日だけお試し勤務すること。

お店で面接を受け、合格したら体験入店(体入)が可能です。
働いたぶんだけ時給は発生しますが、売上ノルマや営業活動は一切なし


勤務する前に、お店の雰囲気や客層、スタッフ対応などを確認できます。
そのため、想像と違った!なんて採用のミスマッチを防げるんですよ。

ちなみにキャバクラ派遣は、回数制限のない体入のような働き方
1日単位で出勤するので、いつでもノルマなし&高時給で働けます。

本入店:体入が終わったあとそのままお店に在籍

体験入店が終わったあと、そのままお店に在籍すること。
通常1~2回ほど体入すると、本入店するか決断しなければなりません。

働いてみて合わないようであれば、自分からお断りしてもOK。
ただし、お店側はお給料や時間を割いているので、きちんとお礼を伝えましょう。


また本入店する前に、時給や最低出勤日数などの条件をお店と話し合います。
もし条件があわないと、お店側から断られる場合もあるので要注意ですよ。

本入店した後は、売上や指名数に応じてお給料が変動
アフターや同伴などの営業活動もはじまり、本格的にお仕事がスタートします。

体入荒らし:在籍する気がないのに体入を繰り返す女の子

体験入店や本入店とあわせて知っておきたいのが『体入荒らし』です。

体入荒らしとは、本入店する気がないのに何度も体入を繰り返す女の子のこと。
お給料が全額日払いで高時給なので、日雇いバイト感覚で体入しているんです。


ですがお店側としては、本入店しない女の子に高い時給を払うのは嫌なもの。
面接の時間や手間もムダになりますし、体入荒らしはお店側から嫌われます。

同じエリア内で体入を繰り返すと、体入荒らしだと誤解されるので要注意!
各エリアのお店を厳選し、1~2店舗まで絞ってから体入するのがベターです。


3店舗以上気になるお店があるなら、キャバクラ派遣を利用した方が安全
1日単位で出勤できるので、体入荒らしにならずお店の雰囲気を確認できますよ。

キャバクラで働く前に知っておきたい注意点3選!対策もあわせてご紹介

キャバクラで働く前に知っておきたい注意点3選!対策もあわせてご紹介

「男性と楽しくお酒を飲むだけで稼げちゃう!」
「豪華なドレスを身に着けて男性からチヤホヤ♡」

あなたは、キャバクラにこんなイメージを持っていませんか?


ですが実際には、華やかな世界の裏側にデメリットが隠れています
憧れだけではじめると、こんなはずじゃなかった!なんて後悔しちゃうかも…。

対策法を交えながら、キャバ嬢になる前に知っておきたい注意点をご紹介します。

ノルマ・営業に追われる

キャバクラのお仕事でネックになりがちなのが、ノルマ・営業のプレッシャー

指名数や同伴・アフターの回数、ボトルバックの本数など…。
キャバ嬢は、日々さまざまな数字を意識しながら働かなければなりません。


またノルマを達成するためには、お客様への営業活動が必須
プライベートの時間を削って、メール・電話や店外デートをこなします。

しかも達成できないと、時給が下がったり罰金をとられたり…。
ダイレクトに収入に直結するため、よりプレッシャーを感じやすいです。


ノルマ・営業が不安なら、キャバクラ派遣を利用するのがベスト
一つの店舗に在籍しないので、ノルマや営業を課せられる心配はありません

プライベートと仕事の時間をきちんとわけて、マイペースに働けますよ。

不規則な生活になりやすい

キャバクラは、深夜0時以降に営業が終わるお店がほとんど。
帰宅して入浴などを済ませると、明け方近くに眠ることも珍しくありません。

そのためキャバ嬢は、どうしても昼夜逆転した生活になりがち
お肌が荒れたり、疲れがとれにくかったり、心身に不調をきたしやすいです。


対策としては、生活リズムを崩さないよう終電で帰宅すること。
お店に交渉してみたり、片付け・着替えを手早く行ったりするのが◎です。

また夜遅くまで働くのがツラいのなら、朝・昼キャバを活用するのもオススメ。
4時~17時の間で働けるので、規則正しい生活をしながらキャバクラで働けます。

遅刻や欠勤をすると罰金をとられる

キャバクラは、当日欠勤や遅刻をすると罰金をとられるお店が多いです。

  • 遅刻10分ごとに1,000~2,000円
  • 当日欠勤すると1万円~数万円
  • 無断欠勤すると日給分

など、かなり大きな金額を引かれるので、収入にダイレクトに響きます。

風邪で体調が悪かったり、突然大切な用事が入ってしまったり…。
こんな時でも、罰金が怖くてお店を休めない!なんて女性もいるんです。


対処法は、お店のルールを守ってきちんと連絡を入れること。
正当な理由があり、ふだんからまじめに働いていれば大目に見てもらいやすいです。

また、シフト提出の必要ないキャバクラ派遣を利用するのもアリですね。

キャバクラで働くなら派遣が◎デメリットを避けてキャバ嬢デビュー

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
キャバクラの基本情報や働き方の種類、注意点などをご紹介しました。



キャバクラは、短時間で高収入を稼げる代表的なガールズバイト
20代女性がメインですが、働き方に応じて30歳以上でも十分働けます。

副業に選ぶ女性も多いですし、少しでも興味があるならトライしてみるのが◎
はじめてのキャバクラなら、まずは派遣からスタートするのがオススメです。


キャバクラ派遣は、一般的な体入と違って、同じエリアのお店に何度でも出勤可能。
体入荒らしになる心配なく、自分と相性のよいお店をしっかりと見極められます

また、ノルマや営業、シフト強制もないため、ムリなくのびのびお仕事♡
特定の店舗に在籍しないので、面倒な人間関係や退店トラブルもありません。

キャバクラ派遣なら、デメリットを避けてキャバ嬢デビューできるから安心ですよ。



キャバクラ派遣を利用するなら、TRY18がベスト!
当サイトのキャバクラ派遣人気ランキングでも第1位に輝いています。

TRY18の公式ページは↓から移動できるので、ぜひ一度ご覧になってくださいね。