ギャラ飲みの募集はどこで探す?安全に稼げるサイトは?そんな疑問をココで解決


疑問女の子

ギャラ飲みの募集ってどこで見つければいいの?


疑問

参加してみたいけど、方法がイマイチわからないなぁ

ギャラ飲みに興味のある方は、こんな疑問をお持ちではありませんか?


女性向け高収入バイトの中で、気軽に始められることから注目を集めているギャラ飲み

メディアではギャラ飲み女子の特集が組まれたりしていますが、「どこで募集を見つければいいか分からない」と悩んでいる人は少なくありません。

ギャラ飲みは、ギャラ飲みサイトやアプリ、SNSや知人からの紹介など様々な形で募集されています。


今回は、安全にギャラ飲みバイトの募集を見つける方法を解説していきますね。


ギャラ飲みはどこで募集されているの?見つけ方をご紹介

ギャラ飲みはどこで募集されているの?見つけ方をご紹介

ギャラ飲みは、一般的にこのような形で募集されています。

  • ギャラ飲みサイト・アプリ
  • SNS(Twitter・Facebook・Instagramなど)
  • 友達・知人からの紹介

基本的には、ギャラ飲みサイト・アプリもしくは友人・知人経由で参加するパターンが多いです。

法人が運営している大手のギャラ飲みサイトに応募する

ギャラ飲みに参加したいと考えている女性の多くは、「安全かつしっかりお金を稼ぎたい」と考えるでしょう。

危ないことに巻き込まれたり、全然お金をもらえなかったり…なんてケースは嫌ですよね。


もっともオススメなのは、法人が運営する大手ギャラ飲みサイトに応募すること。

知人やSNS経由での応募と違い、厳しい審査がありますが、その代わり徹底的にサポートをしてくれるというメリットがあります。

男性の顔写真やプロフィールも掲載されているので、ギャラ飲みする相手や報酬が事前にわかって安心です。


数あるギャラ飲みサイトの中でもオススメなのが、利用者数No.1のpato(パト)

登録者数は25,000人以上で、全国対応している大手のギャラ飲みサイトです。
運営がしっかりとサポートしてくれるので、安全にギャラ飲みができますよ。

【要注意】SNSでのギャラ飲み募集は危ないのでNG

ギャラ飲みは、専用サイト・アプリだけでなくSNSでの募集も可能です。


大手のギャラ飲みサイトと異なり審査がなく、誰でも参加できるというメリットがありますが、SNSからギャラ飲みに参加するのはとっても危険

SNSは匿名で利用ができるため、本当に信用できる相手かどうか判断できないというデメリットがあります。


中には相場よりも低い時給で参加させようとしたり、そもそも報酬を払ってもらえなかったり、ギャラ飲みと偽って危ない仕事に引き込もうとしたりする悪質なユーザーも…。


「SNS経由でギャラ飲みに参加したら報酬がもらえなかった」
「ギャラ飲みバイトって言われたのに、ピンク系の仕事を紹介された」

など、SNS経由でギャラ飲みに参加したせいで、被害にあった女性も多いんですよ。


SNSでの募集は詐欺である可能性が高いので、絶対に応募しないようにしてくださいね。


ギャラ飲みに応募する前に必見!確認すべき3つのポイントを紹介

ギャラ飲みに応募する前に必見!確認すべき3つのポイントを紹介

はじめてギャラ飲み募集に応募する前に、確認してほしいポイントを3つご紹介します。

運営会社がしっかりと対応してくれるか

「男性とギャラ飲みをしたら、ホテルに連れて行かれそうになった」
「先月分の報酬がまだ振り込まれていない!」

こういったトラブルに、迅速に対応してくれるかどうかは要チェック。


トラブルに対処してくれるだけでなく、メールや電話の応対がしっかりしているかもあわせて確認しておくと安心です。


たとえば、大手ギャラ飲みサイトpatoは、24時間体制で運営がサポート
いざというとき、いつでも対応してもらえるから、安心してギャラ飲みできます。

リスクをおさえてギャラ飲みをしたい人は、ぜひ利用してみてくださいね。

時給はどれくらいか

ギャラ飲みに応募する上でチェックしておきたいのが、時給の高さ

  • 最低時給はどれくらいなのか
  • 時給は最大どれくらいまで上がるのか

この2点を比較した上で、自分にあったサイトを選ぶようにしましょう。



ギャラ飲みの時給相場は、1時間あたり4,000円~10,000円です。

しっかり稼ぎたいなら、最低でも時給4,000円以上のギャラ飲みサイトを選ぶのがオススメ。
また、指名数や延長率で時給が上がるサイトなら、頑張り次第でどんどん稼げますよ。


ちなみにpatoは、スタンダード・VIP・ロイヤルVIPの3ランクに分かれています。

一番低いスタンダードでも、時給4,000円スタートです。
指名数やキャンセル率の低さなどで時給が上がり、最大32,400円以上になることも!

ギャラ飲みでガッツリ稼ぎたい方は、ぜひpatoを利用してみてくださいね。


手当はもらえるか

時給以外に、深夜料金やタクシー代などの手当が充実しているかも要チェックです。


ギャラ飲みは時間を延長されるケースが多いので、深夜料金のあるなしでお給料がだいぶ変わってきます。

またタクシー代が出ないと、手元に残るお金が少ないというデメリットも…。


「深夜のほうが稼げると思って頑張ったのに!」
なんて後悔しないよう、応募する前にきちんと手当が出るのか見ておきましょう。


ギャラ飲み募集でオススメなのは「pato」!その理由とは?

ギャラ飲み募集でオススメなのは「pato」!その理由とは?

ここまで、ギャラ飲み募集の見つけ方について解説していきました。


ここまで読んでいる人の中には、「安全にギャラ飲み募集を見つける方法は分かったけど、結局どこのサイトがオススメなの?」と思う人もいるでしょう。

先ほども解説したとおり、運営会社がしっかりしている・時給が高い・手当が充実している…この3つがそろったサイトなら安全に稼げるといっても過言ではありません。


数あるサイトの中でオススメなのが、「pato」です。

patoは、3つのポイントを満たしている優良ギャラ飲みサイト。

スタッフが24時間365日常駐しているので何かあった時にもすぐ対応してもらえます。

また、最大時給が32,400円で基本給以外にも夜間手当や指名料などのオプション料金も充実しているため、稼ぎやすいと評判です。

patoは会員数も多く、運営会社も大手なので安全に働けますよ。


続いては、patoがおすすめな理由について解説していきますね。

業界大手のギャラ飲みサービス!運営の管理・サポートが充実

patoはギャラ飲みサービスの中で最も長く運営をしています。


20人近いスタッフが事務所に常駐しており、24時間365日LINEやメールでお仕事の不安や悩みを相談できます。

また、万が一男性にドタキャンされた場合でも、報酬が全額保証されるので安心です。


顔出しは不要なので、身バレ対策もバッチリ!

男性の身元もしっかりと明記されており、厳正な審査を元に登録されているので他のギャラ飲みアプリと違ってリスクを低くして働けます。


このようにpatoは、女の子への安全管理やサポートが徹底されているので、はじめてでも働きやすいのが魅力です。

最大時給32,400円!オプション料金や深夜手当も充実

patoは最低時給4,000円から始まり、ランクアップするごとに時給が上がるシステムです。


ランクアップは、キャンセル率の低さやいつでもギャラ飲みに参加できるフットワークの軽さ指名率の高さなどが条件とされています。

これらをクリアすれば、誰でもランクアップできるので安心してくださいね。

どんどんお仕事を経験して評価を上げれば、最大時給が32,400円にもなるんですよ。


しかもpatoは、オプション料金や深夜手当も充実しているんです!

延長料金は時給の1.3倍ですし、指名料は1時間につき2,400円
また深夜0時15分を過ぎたら、深夜手当4,000円を上乗せしてくれます。


patoは、高時給と充実のオプション料金・手当が揃っているから、ギャラ飲みでガッツリ稼ぎたい人にオススメですよ。

全国エリアに対応しているのでどこでも働ける!

patoは他のギャラ飲みサイトと異なり、北海道から沖縄まで全国エリアに対応しています。

主要都市だけで開催されるわけではないので、地方に住んでいる女性でも気軽にギャラ飲みに参加できます。


「ギャラ飲みで稼ぎたいけど、わざわざ都内に行くのはちょっと…」という人は、必見ですよ。


ギャラ飲みバイトをするならpatoがおすすめ!

いかがでしたでしょうか?
今回は、ギャラ飲み募集の見つけ方についてご紹介していきました。


  • ギャラ飲み募集はSNSから参加すると危ない
  • 信頼ある大手のギャラ飲み募集サイトで応募するのがベスト

これらのことが分かったかと思います。

時給や手当、運営会社の対応をチェックした上で、ギャラ飲みに応募してくださいね。


数ある大手ギャラ飲みサイトの中で、オススメはpatoです。

Patoは、徹底した運営サポート・最大32,400円という高時給・充実の各種手当と、今回ご紹介した3つのポイントをしっかり満たしています。

ギャラ飲みバイトをしたいと思っている人は、ぜひ一度patoを試してみてくださいね。


また当サイトではpatoの口コミや魅力をまとめた記事もあります。

patoについてより詳しく解説していますので、ギャラ飲みに参加したい人はぜひ参考にしてみてくださいね。